運動するときに効果のあるメイクアップとは?

スポーツジム メイク

 

ジムとメイクアップほど相性の悪いものはありませんね!

 

化粧品に含まれる油分と、汗が混じった汚れが毛穴に溜まり、黒ずみやニキビ、アレルギーなどの原因となり得るからです。

 

そこで、運動しても崩れず、美しさを増すメイク術をご紹介


運動する前に洗顔しましょう

ジムでの運動後にシャワーを浴びるのはもちろんですが、より美しい肌をキープするためには、運動前の洗顔がカギになります。

 

皮膚科学研究のエキスパートによると、「オイリー肌やニキビ肌の人は、運動まえにオイルフリークレンザーで洗顔するとよい」とのこと。

 

洗顔後は保湿液を薄く塗って、発汗による刺激から肌を守りましょう。

ファンデーションはNG

リキッドであろうがパウダーであろうが、運動時にファンデーションで顔をカバーするのは大きな間違い。

 

汗にまみれて流れ落ちるだけです。

 

代わりに、BBやCCクリームを活用しましょう。

 

「BBクリームやウォーターレジスタントのCCクリームを使用すると、お肌を軽めにカバーでき、ジムへ通うまでに必要なSPF効果も得られます。」

 

ジムのメイクアップは最小限にするべきで、BBやCCクリームはカバー、保湿、プロテクトができて最適とのこと。

眉が顔の印象を左右する

覆ったり、描いたりするだけがメイクじゃありません。

 

眉をきちんと整えるのも効果的です。整えられた眉は顔全体の印象を良くする!

 

運動前にはコームで眉を整える習慣をつけるといいかもしれませんね!

髪をきちんと束ねる

メイクを最小限に抑える代わりに、髪型に余力を費やしましょう。運動でぼさぼさになったり、汗で髪が顔にへばりつくのを防ぐためにも、きちんと束ねるのがおすすめ。トップでまとめたり、編み込んだり、普段よりも気合いを入れて束ねてみるのも良いと思います。

 

例えランニングマシンのうえでも美しくありたいのが女心。これらのメイク術を活用すれば、汗による「顔のメルトダウン」を起こさず、安心してエクササイズに集中できそうです。