リバース・リスト・カール

 

リバース・リスト・カール!ラケットスポーツには欠かせないバックハンドの強化

 

手首関節の伸展とこれに関係する筋肉は、ラケットを使うスポーツで、バックハンド・ショットを打つ時に最も重要な役割を果たします。

 

手首を伸展させる筋肉はウエイトを安全に挙げられるようによく鍛えなければならないということです。

 

ウエイトを挙げるときにはほとんどの場合、手首を屈曲させる筋肉の方が関与する場合が大きいですが、手首を伸展させる筋肉は、屈曲させる筋肉のバランスを持っていなければならない。

 

これによって、手首のケガや故障を防ぐことができます。手首のケガや故障は、重いウエイトを使う人が多くなっているため、以前より頻繁に発生するようになっています。

 

 

リバース・リスト・カールで強化される筋肉は?

 

前腕後面(甲側):長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、尺側手根伸筋

 

リバース・リスト・カールの運動方法は?

リバース・リスト・カールを行う姿勢は、通常2つあります。
ひざまずいて左右の前腕をエクササイズ・ベンチに載せる姿勢か、左右の前腕を両腿の上に置いて座る姿勢です。

 

ひざまずく姿勢の方が安定性が大きく、手首を動かすことができます。しかし、正しく行えばどちらの姿勢であっても同じ結果が得られます。

 

SIXPAD
TOPへ