ケーブル・クロスオーバー

 

ケーブル・クロスオーバー!これだけで異なる5つのエクササイズ以上の効果があります

 

1種類のエクササイズをするだけで、異なった5つのエクササイズを全部やるよりも効果があがるものは?

 

ケーブル・クロスオーバーです。

 

ケーブル・クロスオーバーのバリエーションを行えば、胸と背中を十分に発達させるために必要なフラット・ベンチ・プレス、インクライン・プレス、デクライン・プレス、そしてさまざまなグリップで行うラット・プルダウンとプルアップにほぼ匹敵するだけの効果が得られます。

 

ケーブル・クロスオーバーは、さまざまな目的に使うことができ、大変に効果の高いエクササイズです。

 

 

ケーブル・クロスオーバーで強化される筋肉は?

 

肩甲帯:菱形筋、小胸筋

 

肩関節:大胸筋下部(胸骨に関係する部分)、広背筋、大円筋

 

 

ケーブル・クロスオーバーにおけるポジショニングは、期待どおりの効果を得るために非常に重要です。例えば、スタートの位置で、胸か両肩にかすかに引っ張られている感じがあるはずです。

 

したがって、このとき筋肉はわずかに引き伸ばされたポジションにある。これは、可動域をフルに使って筋肉を鍛えるのに役立ちます。

 

また、ケーブルに緩みがあってはいけません。緩みがなければケーブルを引き始めてすぐに抵抗が加わるはずですし、ケーブルを引き始めた瞬間にウエイトが上がり始めるはずです。

 

SIXPAD
TOPへ