インクライン・ラテラルレイズ

 

インクライン・ラテラルレイズで強化される筋肉は?

 

肩甲帯:僧帽筋上・下部

 

肩関節:三角筋、棘上筋

さまざまなトレーニングをしてきたスポーツ選手たちが、たまたま新しいバリエーションを編み出す。

 

その新しいエクササイズの方が基本エクササイズよりも効果的であったりします。

 

インクライン・ラテラルレイズもそのようなエクササイズのひとつです。

 

インクラインのボードを使うことで腕における作用が増し、より広い稼動域にわたり効果的に強い筋収縮が得られます。

 

それによって筋肉、筋量が増加します。

 

上体のトレーニングには、このインクライン・ラテラルレイズが大いに効果的です。

 

インクライン・ラテラルレイズは、上体の筋肉を発達させ、肩関節の脱臼を予防します。

インクライン・ラテラルレイズの運動方法は?

インクライン・ボードに身体の一方を下にして横になり足をしっかりと安定させます。

 

バランスを保つために、内側の腕でボードをかかえ込むようにするとよい。

 

外側にある手でダンベルを握り、大腿部の上にのせます。

 

腕を伸ばすか、やや肘を曲げた状態でダンベルを上げます。身体をしっかりと固定し、腕を垂直になるまであげます。

 

ゆっくりと腕を下げ、体側に戻したら1秒休み再び繰り返します。ウエイトを上げる時に息を吸って止め、戻すときに息を吐く。

 

必要回数を行ったら、身体を返してもう一方も同様に繰り返します。

 

SIXPAD
TOPへ