ツイスト

 

ツイスト!腰の柔軟性を増す、素晴らしいウォームアップ運動

 

ゴルフ場や、体育館で、両肩にポールやクラブを担いでツイストをしている人を見たことがあるのではないでしょうか。

 

これは、腰の柔軟性を増す素晴らしいウォームアップ運動です。筋肉の強さや締まりを増すには、あまり効果的ではありませんが、スリムな腰にしたい場合には効果的です。

 

またツイストは、身体の中央部の筋肉を強くし締まりをよくするには最も効果的な運動と言えます。

 

ただしこの場合にはバーベルやダンベルを使い、立って行う必要があります。正しい方法で行わないと危険なことがあるので、始める前にこの運動をする準備が万全であることを確かめる必要があります。

 

 

ツイストで強化される筋肉は?

 

腹部:外腹斜筋、内腹斜筋

 

背部:胸腸助筋、腰腸助筋、長背筋(最長筋)、脊椎背筋(胸棘筋)

 

ツイスト!スポーツへの応用は?

ツイストは全ての投げて打つ動作にとって重要で、ランニングや(特にサッカーのような)キック、いくつかのジャンプ動作でもある程度使われます。

 

例えば、砲丸投げ、円盤投げ、やり投げ、といった投てき競技の選手、野球のピッチャー、アメリカン・フットボールのパス、野球のバッター、それにボクサーには大きな肩甲帯(胴体)の回転が必要です。

ツイストの運動方法?

ウエイトをつけたベーベルを両肩にのせて立ちます。

 

両足の間隔は肩幅より少し広くとり、バーの両端をつかみ、肩にのせたバーを両腕で保持します。

 

脊椎は通常の姿勢に保ち、一方の側に可能なところまでゆっくり回転させます。次に方向を変えて行います。これを交互に継続します。

 

この運動を正しく安全に行うためには、動作を速くしたり身体を急に動かそうとしてはいけません。

 

SIXPAD
TOPへ