大きな動きで腹部のほとんどの筋肉が鍛えられる ケーブル・クランチ

 

ケーブル・クランチ!大きな動きで腹部のほとんどの筋肉が鍛えられる

 

ケーブルクランチにおいて、すべての腹部の筋肉は下部脊椎を屈曲させる動きをします。

 

この作用により、上体(体幹)は下肢方向に動きます。

 

 

ケーブル・クランチで強化される筋肉は?

 

腹部:腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋

 

ケーブル・クランチ!スポーツへの応用は?

ケーブルクランチは、運動中に脊柱を屈曲させるようなあらゆるスポーツにとって大変重要です。

 

例えば、野球の投球、フットボールの前方へのパス、テニスのサーブ、バトミントンのスマッシュ、やり投げ、さらにオーバーヘッドの状態において投げたり、打ったりする動作を要求されるスポーツに見られます。

 

また、体操、水泳、アクロバット、ダイビング、レスリング、マーシャルアーツの選手にとっても重要です。

 

さらに重いウエイトを頭上に上げなければならない運動選手は、胴体を安定確保させるために腹部(それに背中)の強化は欠かせません。

 

SIXPAD
TOPへ