シットアップ で 腹筋を鍛える

 

シットアップ!正しいフォームで効果が上がる腹筋強化の必須種目

 

多くのスポーツ選手が腹筋運動の際にクランチに頼り過ぎ、シットアップを軽視する傾向にあります。

 

これで本当によいのでしょうか?確かにクランチは効果があります。

 

しかし、シットアップを正確なフォームで行えばさらに効果は増大します。シットアップは腹部強化の必須種目と言えるでしょう。

 

1種目で完全な腹部の発達を求めるのは無理な話しです。だからこそシットアップを含めたあらゆる腹筋運動が必要とされるのです。

 

 

シットアップで強化される筋肉は?

 

腹部(上部):腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋

 

シットアップ!スポーツへの応用は?

ほとんどのスポーツにおいて、上体の屈伸力と上部腹筋の強化が要求されます。

 

器械体操、アクロバット、ダイビング、トランポリン、水泳、あらゆる投球動作(野球、フットボール、やり投げ)、バレーボールのスパイクとブロック、バスケットボールのリバウンド、サッカーのキック、ラケット競技やバレーボール、バスケットボールにおけるコート内のボール処理において特に重要な働きをします。

 

ウエイトリフティングでは、上体、下体の動きを助ける体幹中央部としての腹筋の強化は欠かせません。

 

SIXPAD
TOPへ