リバース・トランク・ツイスト で 腹筋を鍛える

 

リバース・トランク・ツイスト!腹筋全体を強化し柔軟性も向上させるエクササイズ

 

長い間、腹筋の運動といえばシット・アップ(最近ではクランチも含まれます)がその代表格でした。

 

これらの運動は上部腹壁、とりわけ上部腹直筋を発達させるのに最適であるため、ある程度これは正しかった。しかしシット・アップでは、腹部前面の筋肉内腹斜筋や外腹斜筋に最大限に負荷をかけられません。

 

筋肉は腹部を平らな状態に維持するのに重要であるのみならず、腹筋全体を強化し、引き締めるためにも重要なのです。

 

これらの腹筋を発達させるにはリバース・トランク・ツイストをする必要があります。

 

 

リバース・トランク・ツイストで強化される筋肉は?

 

腹部(上部):外腹斜筋、内腹斜筋

 

リバース・トランク・ツイスト!スポーツへの応用は?

胴体と骨盤の回転、およびそれに使用される筋肉はスローイング、ヒッティング、パンチング、それにキッキング動作にとって必要です。

 

例えば、野球やフットボールのスローイング動作で肩を回す動きはこれらの筋肉の働きです。また、野球のバッティング、テニスやラケットボールでの様々なストロークでも同じ作用があります。

 

さらに、ボクシングや空手で見られるいろいろな種類のパンチでの胴体や両肩の回転にも使用されます。

 

骨盤の回転はサッカーのキックやアメフトのフィールド・ゴールのような長距離キックにも欠かせません。

 

SIXPAD
TOPへ