サイドランジ 下半身を鍛え、股関節と膝の柔軟性を向上させる

 

サイドランジ 下半身を鍛え、股関節と膝の柔軟性を向上させる

 

ランジは大腿前面と後部を発展させるエクササイズですが、この運動を正確なフォームで行った場合、筋肉を発達させるだけでなく、股関筋と膝関筋の柔軟性の向上にも効果があります。

 

 

サイドランジで強化される筋肉は?

 

股関節:大殿筋、上部ハムストリングス

 

膝関節:大腿四頭筋(外側広筋、内側広筋、中間広筋、大腿直筋)

 

足関節:ヒラメ筋、腓腹筋

 

サイドランジ!スポーツへの応用は?

上方、前方への跳躍、競争、さまざまな蹴り、ジャンプ、スキップ、重量を持ち上げる時、物を押すとき、横方向へ移動するときなどの基本的動作に関わってきます。
これらは膝と股関節の連続的な共同作用のときだけに可能です。

 

具体的に言うと、走り高跳びにおけるジャンプ、バスケットボールなどのリバウンドやシュートの動き、バレーボールでのブロックやスパイク、その他コート上におけるあらゆるプレーで使われています。

 

走り幅跳びにおけるランニングや、ジャンプ時の動作もこれに含まれます。

 

SIXPAD
TOPへ