リバース・バイセップス・カール

 

リバース・バイセップス・カール!総合的な上腕の発達を促すためにグリップを変える

 

バイセップス・カールとそのバリエーションは、上腕二頭筋の強化においては王者とも言えるような存在です。

 

しかし上腕二頭筋をさらに鍛えてよりよい筋肉に開発するためにはバイセップス・カールに関わる他の筋肉も鍛えなければなりません。

 

リバース・バイセップス・カールを行う必要があるのはそのためです。

 

 

リバース・バイセップス・カールで強化される筋肉は?

 

肘関節:上腕二頭筋、上腕筋、腕橈骨筋(手首関節屈筋の一部)

 

リバース・バイセップス・カールの運動方法は?

左右の足を肩幅程度に開いてバランスのとれた姿勢でたちます。左右の手を肩幅の広さに離し、順手(手のひらが身体の方を向いている握り方)でバーベルを握ります。

 

両肘が体側からわずかに離れた状態で両腕を伸ばしバーベルを腿の上部に当てます。

 

胸は高い位置に保ち、バーが胸の最上部に挙がるまで力をこめて肘関節を曲げます。動作中両肘は同じ位置に保ち常にバーの後ろにくるようにしなければなりません。

 

コントロールしながらゆっくりとバーベルを元の位置まで下げます。

 

SIXPAD
TOPへ