シーテッド・カーフ・レイズ

 

シーテッド・カーフ・レイズ!ランニングや歩行に欠かせない、ふくらはぎ下部を強化する

 

腓腹筋とヒラメ筋を発達させるために(シーテッド・ヒールレイズとしても知られる)シーテッド・カーフレイズを行う人が多くいます。

 

それは必ずしも正しくありません。正確には、このエクササイズで腓腹筋は使用しないからです。

 

足関節では、足関節足底屈曲としても知られる伸展があります。

 

床に両足をつけたサポート姿勢から両足のくるぶしを使ってつまさき立ちをする時に、足関節伸展によって身体が持ち上がります。

 

 

シーテッド・カーフ・レイズで強化される筋肉は?

 

脚(下部裏側):ヒラメ筋

 

シーテッド・カーフ・レイズを使うスポーツって?

ヒラメ筋はとりわけ長距離の歩行とランニングに重要です。ヒラメ筋によって、身体を前方と上方に押し出す最終的プッシュが得られます。

 

ヒラメ筋は、バレーボールやバスケットボールのようなジャンプをする時には常に使用され、またラケットボールやテニスのようにランニングとジャンピングの組み合わせを必要とする他の多くのスポーツでの動きにも欠かせません。

 

SIXPAD
TOPへ